「貧乏人の経済学 もういちど貧困問題を根っこから考える」 アビジット・V・バナジー、エステル・デュフロ


アナタは貧困の本質を知っていますか?
アナタ貧乏な人は何ができて、何ができないのか知っていますか?
アタナはそれを知らなくていいのでしょうか?



援助団体やNGOは、


「学校に行きたくても行けない子どもたちがたくさんいます。」
「今この瞬間も、飢えに苦しんでいる子どもたちがたくさんいます。」


といった宣伝パンフレットをつくり募金を呼びかけます。


街でよく見かけたことありますよね?


では、その文言をに見慣れた人はどうなるでしょうか?


多くの人は恐らく、貧困問題はお金があれば解決するだろう。と思い込むのではないでしょうか。


ただ、これは貧困の本質ではないのです。


じゃあ、貧困の本質とはなにか?


どうすれば解決するのか?


それを知るにはこちらの本。


アビジット・V・バナジーとエステル・デュフロによる共著・「貧乏人の経済学 もういちど貧困問題を根っこから考える」



《貧困層の現実》


貧困層の経済生活を調査し、
貧困から抜け出すためにはどこで・なにを・なぜ後押しすべきかを説明したこの本を読むことで、


貧困の流れを理解することができます。


二人が現地で実際に見た現状は、

  • 飢えている人でもカロリーより美味しいものやテレビ(娯楽)を選ぶ。
  • 就学率が上がらない理由は学校がないからではなく、学校に行きたがらない、行かせたがらないから。
  • マイクロファイナンスは悪くはないけど、特別効果があるものでもない。


といったもの。


僕は、この本を読むまで貧困層の暮らしと言えば宣伝パンフレットのイメージ通りの印象を持っていたから驚きました。


貧乏なのに、飢えているのに、苦しいはずなのに、そっちを選ぶの?と思う場面が幾つもありなぜ?と思いました。

《貧乏の原因》


じゃあ、なんで苦しいはずの人たちは貧乏から抜け出せないような選択を取るのか?


僕は、「知らないから」だと思いました。


そして、「知らない」ことが貧乏の原因になっているとも感じました。


もちろん問題はそれだけじゃないし、様々な経済理論を展開させる必要はあるから「知らないから」と一言で済むことではないです。


だけど、この本を読んだらわかりますが貧困層の人たちは想像以上に知識が足りないんです。


飢えていてもカロリーより美味しいものや娯楽を選んでしまうように、


「知らないから」貧乏を抜け出すための最適解を選べないです。



《貧乏の流れ》


そして、その「知らないこと」が確実に貧困の流れを生んでいます。


そもそも何かを知るには、

情報にアクセスする力
読み解く力

が必要になりますが、そこにはどうしてもお金がかかってしまいます。


でも、貧困層の人たちは知るために使うお金がないから知ることができない。


1日120円で暮らしている人たちが情報にアクセスなんかできるわけがないんです。


そして、その知らない状況が続くとどうなるのか?


援助をして最適解を教えてあげてもそれを拒むようになってしまいます。


つまり、人も未来も信じれなくなってしまうのです。


なぜかというと、最適解だからといって結果が出るのは目に見えない先のことだから。


目に見えない先のことを期待して我慢してカロリーの高い料理を食べるより、瞬間的に快楽を感じれる美味しい料理や娯楽を選んでしまうのです。


これじゃ永遠に貧乏からは抜け出せるわけがありません。


つまり、

貧困→知らない(知れない)→人や未来を信じれない→我慢できない→最適解を選べない→貧困から抜け出せない


これが貧困の流れです。

《なぜ貧乏の流れを知るべきか?》


ただ、この流れはなにも貧困層だけの話だけではないと感じています。

豊かな国に住む人も、この貧乏の流れを自分ごとと落とし込んで考えてみるべきです。


例えば、

豊かな国に住む人でも経済的に苦しんでいる人はいます。
結果を出したくても出せない人がいます。
自由になりたいはずなのにいつまでたっても不自由な人がいます。


その原因は「知らないから」かもしれません。
勉強をしていないから・知識がないからかもしれません。


ここで自分を振り返ってみてください。


「知らない」から上手くいかない・結果が出ないだけなのに、娯楽を優先させていませんか?


苦しいはずなのに瞬間的な快楽を優先させていませんか?


貧乏の流れを知るべき理由は、「知らない」だけでかなりの損をするんだと知れるからです。


世界の貧困層の人と、日本のような豊かな国で苦しんでいる人との違いは環境とアクセス力です。


大してお金がなくても豊かな国ならアクセスができます。


図書館に行けば無料で知識を付けれます。


なにより、「知ること」が大事で大前提になります。


「知ることが」今の流れを変える突破口になるんです。


この本を読んで視野を広く貧困問題を捉えると共に、


知ることの大切さ
知らないことの恐怖


を自分ごととして落とし込んで見てください!


きっと、知的好奇心が高まりもっと勉強しようとなるはずです。


アビジット・V・バナジーとエステル・デュフロによる共著・「貧乏人の経済学 もういちど貧困問題を根っこから考える」