「Fight Club ファイト・クラブ」 


アナタは不感症になっていませんか?
アナタは自己破壊をしていますか?

《痛みを感じろ》


もしアナタが、


「なんで生きているんだろう、、、」

「自分の人生は一体なんなんだろう、、、」


と思い悩んでいるのなら、やることは一つです。


それは、自己破壊をして痛みを感じることです。


その理由はシンプルで、それが精神的な豊かさに繋がるからです。


そう、その悩みは精神的に満足していないことが原因なのです。


実はテクノロジーが発達した現代は、


物質的には豊かになりやすいものの、精神的に豊かになれずに漠然とした虚しさ感じている人がたくさんいるのです。


そこで自己破壊をして痛みを感じることができれば、

精神的な豊かさを手に入れられる
モノゴトを敏感に感じられる
生きていると実感できる



このような状態になれます。

《不感症ばかりの人間》


ですが多くの人は、自己破壊とその痛みを恐れています。


たとえば、


生きるには仕方がないという理由だけで好きでもない仕事を続け無駄な消費を促され、周りと同じことが正しいと思い込む


さらにSNSを眺めれば、自分とは違って輝いている人たちが目に入り嫉妬する。


だけど自己破壊からは逃げ、結局また同じ日々を過ごす。


このような少しも痛みを感じない生活を送っていれば、当然精神的な豊かさは得れられません。


ただその生活の一番恐ろしいポイントは、


不感症になることです。

喜びも快楽も悲しみも痛みも感じれない不感症になることです。


不感症になれば、待っているのは他人の奴隷です。


もちろん不感症で他人の奴隷なので、自分の人生は歩めません。


アナタは自己破壊をしていますか?


もししていなかったら、最悪の不感症になってしまうかもしれませんよ。

アナタは生きていると実感したいですか?
アナタは不感症になりたくなりですか?
アナタは自己破壊をしたいですか?



そう思ったアナタには、こちらの映画をオススメします。


「Fight Club ファイト・クラブ」



《伝説のカルトムービー》

主人公の「僕」は会社に勤め、一流のインテリアに囲まれ物質的には満足している。

だけど精神的には全く満たされず、不眠症に悩まされる日々を送っていた。

そんなある日、ジョン・タイラーという男に出会って人生が激変する。


というのがあらすじです。


強烈なカルトムービーとして伝説的なこの映画は、資本主義・消費主義の現代社会に生きている人間は全員観るべきです。



《男なら自己破壊》


カネやモノといった物質的な豊かさを求めがちな現代こそ、


全部脱ぎ捨てて「物」に支配されたライフスタイルの奴隷から抜け出すべきです。

痛みを感じろ。
苦しみと犠牲が尊いんだ。痛みから逃げるな。
人生最高の瞬間を味わえ。


とタイラーが言っていたように、


仕事も安定も物質も全部捨てて戦い、痛みや苦しみを感じることが重要なのです。


痛みや苦しみから逃げなければ、今まで感じれなかったものを感じれるようになるからです。


そして、生きていると実感できるようになるのです。

ワークアウトは自慰行為。
男なら自己破壊。


これもタイラーの言葉ですが、不感症にならないため、不感症を治すため、どんどん自己破壊をして、感じれる身体を作ることが大切です。

《戦え》


不感症になると、自分が何をしたいのか?すらわかりません。


なので一度、


自分の人生を歩めているのか?

なぜこれをしているのか?

ちゃんと感じれているのか?



これを一旦落ち着いて考えてみるべきです。


もし考えつかない・感じれないようなら、痛みが必要です。


上述したように、不感症になったら人生終了です。


もっと戦いましょう!もっと喧嘩しましょう!


アナタは生きていると実感したいですか?

アナタは不感症になりたくないですか?



ぜひこの映画を観て、自己破壊をしてみてください!


「Fight Club ファイト・クラブ」