「高瀬舟」 森鴎外 


アナタは強さとは何か知っていますか?
アナタは「足るを知る」ができていますか?

《腕っぷしの時代ではない》


戦国時代では、結果や目標達成のために必要なものはシンプルな腕っぷしの強さでした。


もちろんそれだけでは天下は獲れませんが、腕っぷしの強ささえあれば多くの恩恵を受けることができました。


ただ現代において、腕っぷしの強さは重要ではありません。


現代で結果や目標達成を求めるなら、


精神的な強さが必要です。


その理由は、現代は非常に精神的にブレやすいからです。


情報と多様性が溢れかえった結果、焦り・嫉妬・憎しみなどの多くの感情が生まれやすくなり、結果や目標に対して集中ができなくなっているのです。


そんな時代に精神的に強くなれれば、

やるべきことを淡々とこなせる
現実をしっかり見れる
メンタルがブレない



このような状態になれます。

《精神的な強さとは?》


ただ、アナタは精神的な強さとは何か知っていますか?


おそらくハッキリと思いつかないのではないでしょうか?


そう、精神的な強さとは見えにくいものなので、実はその正体を知っている人は少ないです。


多くの人も精神的な強さの重要性くらいは知っています。


ですがその正体を知らないので、いつまで経っても強くなれないのです。


アナタはどうですか?


もし正体を知らないのなら、メンタルがブレ続けて結果を出せない人生になってしまうかもしれませんよ。

アナタは精神的な強さとは何か知りたいですか?
アナタはブレないメンタルを作りたいですか?
アナタは精神的に強くなりたいですか?



そう思ったアナタには、こちらの本をオススメします。


「高瀬舟」 森鴎外



《文豪・森鴎外の名作中の名作》

罪人を遠島に送るため、高瀬川を下る舟に乗る護送役の羽田庄兵衛は、罪人である喜助の様子が気になる。

弟を殺し今から島へ送られるというのに、楽しそうで晴れやかな顔をしているからだ。

羽田は今まで何度も護送してきたが、こんな清々しい顔をしている罪人はいなかった。

気になった羽田は護送中にその理由を聞く。


そして驚きの真実を知ることになる。


というのがあらすじの、森鴎外の代表作です。


数十分で読める短編小説ではありますが、喜助の在り方から「精神的な強さ」とは何かを知ることができます。



《足るを知る》


では、精神的な強さとは一体なんでしょうか?


それは、「足るを知る」ができることです。


つまり、今の自分に無いものに目を向け嘆くのではなく、今あるもの・あってくれるものを知り感謝できることです。


喜助は罪人になったものの、お上の慈悲で貰った二百文の銭があることや、牢に入れば仕事をせずに食事ができることに感謝してたように、


「足るを知る」ができていました。


それに「足るを知る」ができれば、現実をしっかり受け入れられるようになります。


確かに喜助は弟を殺しましたが、それは弟が頼んだこと。


その瞬間をたまたま近所のおばさんに見られて弟殺しの罪人になってしまったのです。


不運が重なった結果罪人となっても、その現実をしっかり受け入れている喜助には精神的な強さがあるのです。

《無いものを嘆くより》


現代は多くの感情が生まれやすく集中ができなくなっていると書きましたが、その大きな原因はSNSです。


どうしてもSNSは、自分に足りないものばかり目に付いてしまいます。


その結果、焦りや嫉妬や憎しみが生まれメンタルがブレていくのです。


それよりも今あるもの・今いてくれる人に目を向けましょう。


自分には何があるのか?

誰がいてくれるのか?


無いものを嘆くより、足るを知り精神的に強くなりましょう!



アナタは精神的な強さとは何か知りたいですか?

アナタはブレないメンタルを作りたいですか?


ぜひこの本を読んで、精神的に強くなってください!


「高瀬舟」 森鴎外