「読みたいことを、書けばいい。」 田中泰延 


アナタは自分が読みたいことを書いていますか?
アナタは書くために必要なことを知っていますか?

《書くための大前提》


Twitter・note・ブログといった媒体を使える現代は、誰でも気軽に「書く」ことができるようになりました。


さらに「書く」ことがビジネスとしても成り立つようになったので、文章テクニックやノウハウを提供する人、そしてそれを買う人も増えてきました。


そういった「やり方」を学ぶことは悪くはないのですが、そもそもアナタは「書く」ためにはある大前提があるとを知っていますか?


それは、


「自分が読みたいことを書くこと」です。


なぜなら自分が読みたいと思わない文章を書いても、他人が読みたいと思うわけないからです。


ズレてはいけないので注意しますが、「書きたいことを」書けばいいのではありません。


「読みたいこと」を書けばいいのです。


これをキチンと理解せずに書いたとしても、

ノウハウコレクターで終わる
文章を誰にも読んでもらえない
「書く」ことで稼げない



このような状態になってしまいます。

《評価は他人が決める》


ただもしかしたら、


「いやいやターゲット層を絞ったり、人気キーワードを入れた方が読まれるでしょ。だから自分が読みたいことを書いても、、、」


と思うかも知れません。


たしかにそうした方が認知をされる可能性は上がります。


ですが、認知されたところで評価をもらえなければ意味がないのです。


そして当然、アナタの書いたものを評価するのは他人です。



つまり結局他人がどう評価するかはアナタが決められることではないのです。


だからまず、最初の評価者であるアナタを喜ばせること。


満足かどうか、読みたいかどうかはアナタが決めればいいのです。


では、読みたいことを書くにはどうすればいいのでしょうか?

アナタはノウハウコレクターで終わりたくないですか?
アナタは「書く」ために必要なことを知りたいですか?
アナタは読みたいことを書けるようになりたいですか?



そう思ったアナタには、こちらの本をオススメします。


「読みたいことを、書けばいい。」 田中泰延



《書いているすべての人に》


電通でコピーライターとして活躍し、その後は「青年失業家」と自称し、執筆活動・講演活動をする著者が書いたこの本を読めば、


「書く」ために何が一番大切なのかを知ることができます。


文章テクニック本ではありませんが「書く」ことをしているすべての人にオススメです。



《ライターの考えは全体の1%以下でいい》


では、読みたいことを書くために一番重要なポイントはなんでしょうか?


それは、調べることです。


なぜなら、何も調べずに自分の内面を書く文章はつまらないからです。


知らない誰かの内面を書いた文章を、面白いと思うわけがないですよね?


そう、書くという行為において最も重要なのは「事実」なのです。

ライターの考えなど全体の1%以下でよいし、その1%以下を伝えるためにあとの99%以上が要る。「物書きは調べることが9割9分5厘6毛」なのである。


著者がこう言うように、


書きたかったらとにかく徹底的に調べることです。

《※読みたいことを!》


しつこいですが、


「読みたいこと」を書くのが重要です。


ここを理解すれば、なぜテクニックより調べることが大切なのかが見えてくると思います。


読者の目線に立った時に、


「こういうのを読みたかった!」「読んでホント助かった!」と思うのはどんな内容でしょうか?


アナタも一度はそう思ったことがありませんか?


それはどんな内容だったでしょうか?


それが読みたいことで、それを書けばいいのです。



アナタはノウハウコレクターで終わりたくないですか?

アナタは「書く」ために必要なことを知りたいですか?



ぜひこの本を読んで、読みたいことを書けるようになってください!


「読みたいことを、書けばいい。」 田中泰延