「言葉にできるは武器になる。」 梅田悟司 


アナタは内なる言葉を意識していますか?
アナタは言葉を深化させていますか?

《言葉に関する課題》


いつの時代も「言葉に関する課題」は絶えないですが、


特に現代はこの課題を抱えている人が多いように感じます。



たとえば、ライン等のコミュニケーションツール。


すぐに連絡が取れるので、適切な言葉を使えれば仕事はスムーズに進み、信頼関係も強化されていきます。


ですが何の気無しに送った内容が意味を履き間違えられ、信頼を失う可能性だってあります。


さらにYou Tubeやブログといった個人で稼げる媒体を誰もが扱えるようになったので、


「人を惹きつける文章を書きたい!」「トークで言いたいことをキチンと伝えたい!」と思う人も増えてきました。



このように「言葉に関する課題」を抱えている人が多いので、


現代は「言葉を制する者が勝つ」という構造がハッキリしているのです。


なのでこの課題を克服し上手く言葉にできないと、

信頼を失う可能性がある
どんなに頑張っても伝えたいことが伝わらない
お金を稼げない



このような状態になってしまいます。

《内なる言葉を意識する》


では、トークや文章といった「外に向かう言葉」を磨くためには何をすればいいのでしょうか?


多くの人は文章術やトーク術といったテクニックを学びがちですが、実はあまり必要ありません。


一番重要なのは、「内なる言葉」を意識することです。


「内なる言葉」とは自分の思考、価値観、意見といったもののこと。


なぜこれが重要かと言うと、


言葉は思考の上澄みにすぎないからです。


つまり、人は考えていないことは口にできないのです。


「内なる言葉で思考を深め、外に向かう言葉に変換する」といった流れを体得することで、


一生モノの「言葉にできる力」を手に入れられるのです。

アナタは自分の言葉をキチンと伝えたいですか?
アナタは言葉の磨き方を知りたいですか?
アナタは「言葉にできる力」がほしいですか?



そう思ったアナタには、こちらの本をオススメします。


「言葉にできるは武器になる。」 梅田悟司



《言葉を武器にしたいなら》


ジョージア『世界は誰かの仕事でできている。』『この国を、支えるひとを支えたい。』

タウンワーク『その経験は味方だ。』『バイトするなら、タウンワーク。』


といった日本人なら誰もが一度は聞いたことがあるコピーを創り、カンヌ広告賞も受賞したことがある著者が書いたこの本は、


自身がどのようにして思考を深め、多くの人の心に響く言葉を生み出そうとしているのかを、誰もが同じプロセスをたどれるように順を追って説明してくれています。


現代でもっとも大切な「言葉」を武器にしたいなら必読です。



《内側の言葉を使って思考している》


思考を深化させるには、そもそも内なる言葉を把握しなければいけません。


つまり、今自分が何を考え、何を感じ、どんな言葉が生まれているのかを正確に把握すること。


そこを知り深化させることができれば、自分の言葉を扱えるようになり、自然と外に出す言葉も磨かれていくのです。


そのため何かモノゴトを考えるときには、


「なんとなく考える」とか「考えたつもりになっている」ようではダメです。


「考える=内側の言葉を使って思考している」


と意識することで、内なる自分の言葉として捉えられるようになるのです。



《言葉には意志が宿る》

「思います。」は意志を弱める


と本の中に書いてありました。


言い切ることはリスクと感じるので「思います。」を使う人は多いですが、たしかにその言葉は意志の弱さの現れなのです。


それくらい些細な言葉にも意志は宿るのです。

だから内なる言葉を正確に把握することが重要なのです。



外に出す言葉のテクニックばかり学んでも、自分の考えと一致しなくもどかしさを感じたり、スキル一辺倒で味気がなくなるだけです。


内なる言葉を把握し、武器にしていきましょう。



アナタは自分の言葉をキチンと伝えたいですか?

アナタは言葉の磨き方を知りたいですか?



ぜひこの本を読んで、言葉を武器にしてください!


「言葉にできるは武器になる。」 梅田悟司