「絶対製造工場」 カレル・チャペック




アナタの思考や行動は何に縛られていますか?

お金ですか?会社ですか?信仰ですか?親ですか?過去ですか?


人それぞれ具体的に縛られているものは違いますが、抽象的に言えば同じものに縛られています。


それは、《絶対》です。


アナタの中の《絶対》がアナタを縛っているのです。


では、《絶対》に縛られたらどうなってしまうのでしょうか?


それを知るには、こちらの本。


カレル・チャペック著・「絶対製造工場」



《衝撃のSF小説》


舞台は1940年代の欧州。

ある男が、わずかな燃料で膨大なエネルギーを放出する器械「カルブラートル」を発明する。

しかし、この器械はエネルギーだけでなく副産物として「絶対=人造神」をも解放してしまう恐ろしい器械だった。

《絶対》が作られ、《絶対》が溢れかえってしまった世界はどうなるのか?


を描いたSF作品。


このあらすじを読んでも、


「絶対=人造神」を開放するってどういうこと?
「絶対」が作られるってどういうこと?


と思うかもしれませんが大まかな内容は、


人間が勝手に発明した器械が《絶対》となり、


《絶対》が人を救い神格化し大衆が崇めるようになり、


《絶対》がより絶対的な存在になっていく。


しかし、《絶対》がきっかけで争いが起こり


その争いにはカネ儲けや権力者の自己保身も絡んでいたりする。


といったもの。


僕個人的に一番好きなSF作品です。


本当に、圧倒的に、ダントツで面白い。

(ちなみに、著者のカレル・チャペックは「ロボット」という言葉をはじめて作った人。)

世界は《絶対》でできている。



人は、

《絶対》を作ることで(作られてしまうことで)

《絶対》に縛られるようになり

《絶対》を求めて生きてしまいます。


例えば、お金は資本主義社会に生きている人間にとって《絶対》です。


お金がないと生きていけないほど絶対的なものになった現代、


多くの人は確実にお金がもらえて安心できる「会社員」を選びます。


そうなるとどうなるでしょうか?


そう。


「会社員」もいつの間にか《絶対》になってしまいます。


そして、


会社員じゃないと生きていけないと思ってしまうほど絶対的になった結果、


異常なブラック企業やパワハラ上司の下で働いていても辞めることができなくなります。


なぜなら、


お金=会社員=絶対


という価値観に縛られているからです。


最悪の結果、


辞めたくても辞めれない状態が続き精神的に狂いだし自殺する。


もちろん会社や上司に責任はありますが、原因は「絶対」に縛られたことです。




もう一つのわかりやすい例えは宗教です。


僕は神を信じていないので強く言えませんが、


宗教によって救われる人はいると思います。


良いことが起きた時には《絶対》である神に感謝し、


不幸が起きた時には《絶対》である神に祈りを捧げる。


救われるから宗教が「絶対」になるんですよね。



殺し合う《絶対》


だけど今世界で起きている戦争は、


キリスト教対イスラム教のように宗教戦争です。


つまり、ある人たちの「絶対」と違うある人たちの「絶対」が争っているということ。


「絶対」と「絶対」が殺しあっているんです。


自分たちの《絶対》である神に縛られているから他の神は認められなく、


人を救うはずの神が原因で人は殺しあっているのです。


これはどう考えたっておかしくありませんか?

《絶対》より多様性


《絶対》に縛られることは全部が全部悪いことだとは全く思いません。


上述したように、


お金がないと生きてはいけませんし、宗教によって救われる人はいますし。


ただ、縛られることで選択肢が狭められたり、殺し合うのは非常に怖いことだと思います。


その人の自由ですので何を信じても良いとは思いますが、


自分の信じているものを他人にも強制させたり、
信じているものを一つだけにさせて他を見せないようにすることは人としてナンセンスです。


そうならないために、柔軟な多様性を持つべきです。


人を見ないで信じているものだけで判断して差別する人間にはなりたくないですからね。


自分の「絶対」は目の前の人の「絶対」ではない。
お互いの「絶対」を認め受け止めることが大切なんです。


縛られるな。受け止める器を持て。


そう思える最高の小説です。ぜひ読んでみてください!


カレル・チャペック著・「絶対製造工場」