「操られる民主主義 デジタル・テクノロジーはいかにして社会を破壊するか」 ジェイミー バートレット 


便利さと引き換えに。

《何を交換しているか?》


現代人のほとんどが使用しているグーグルやフェイスブックなどは、タダで多種多様なサービスを扱うことができます。


ですがお金は払わないものの、ユーザーはしっかりとあるものを交換しているのです。


それが、個人データです。


つまりひそかに監視させることを認めているので、ユーザーは素晴らしいサービスをタダで使用できるのです。


そしてその集めた個人データをもとに、アナタの趣味嗜好にあった広告が表示されています。


しかもビックデータを使ったアルゴリズムが不気味な点は、当人さえほとんど自覚していない点まで解読されてしまうことです。

《意見を委ねるな》


これはつまり、自分の思考判断をコントロールされている可能性があるということです。


それも、知らないうちに。


これこそテクノロジーが発達した現代において、一番注意すべきことです。


だから自分で考え、誰にも意見を委ねないことが大切なのです。


自分で考えることを放棄するということは、自分の人生を放棄することと同じです。


ここまで読んで、もしアナタが、

テクノロジー社会について知りたい!
自分で考える大切さを知りたい!


と思ったら、こちらの本をオススメします。


「操られる民主主義 デジタル・テクノロジーはいかにして社会を破壊するか」 ジェイミー バートレット



《「私の考え」が誘導されていた?》


テクノロジーと政治について最先端の研究をしている著者が書いたこの本は、


なぜテクノロジーは民主主義と社会秩序を変えてしまったのか?

この流れを変えることはできないのか?



この二つを知ることができます。


さらにこの本を読めば、第三者に意見や判断を委ねてはいけないと危機感を持つことができます。


このブログでは何度も自分で考え自分で動く大切さを書いてきましたが、なぜそれが大切なのか?を強く理解することができます。



《後戻りはできない。》


アメリカのある心理学教授は、性格的特徴を判断するオンライン調査法を開発しました。


それはフェイスブックの何に「いいね!」ボタンを押したのかを解析するだけで、


ユーザーの性的指向・民族・宗教的信条・政治的見解・知性・幸福度・薬物の使用・親の離婚の有無・年齢・性別


といったさまざまな個人的特徴があぶり出されてしまうもの。


実際に著者がこの調査法を試したところ、なんと「いいね!」だけで過去の経歴や養育歴まで正確に分析されてしまったという。

「一見するとまったく無関係のような音楽嗜好、読書傾向からアナタの信心深さ、リーダーとしての素質、政治的信条を正確に抽出できる。
だからこういったアルゴリズムは世界を変えてしまう。」


と教授は言いました。


もちろんこれは教授の開発した調査法なので、この手法をグーグルやフェイスブックなどが使っている証拠はありません。


ですがこれは、ユーザーの思考判断のコントロールなんて簡単にできるということです。


そしてこれがモラルシンギュラリティを引きおこしてしまう原因になるのです。


技術特異点があるように、モラルにも特異点があると著者はいいます。


この地点に達すると、人間はモラルと政治をめぐる判断を人工知能にゆだねてしまいます。


批判と判断能力が衰えてしまえば、何もかもコンピュータに任せたほうが楽だし、確実だからです。


ただ、技術特異点のようにモラルシンギュラリティも、その地点に一度達してしまうと後戻りはできません。


そして人間ではなくモラルや政治の判断を人工知能に委ねてしまえば、民主主義は衰退してしまうのです。

《警戒すべきこと》


多くの人は調べ物にしても、判断を下す場面にしても、すぐにテクノロジーに助けを求めています。


ここを警戒しなければいけないのです。


すぐにテクノロジーに頼ることは、目先の助けにはなりますが、長い目で見れば思考判断力は衰退しています。


僕たちは改めて知るべきです。


便利さを手にして何を手放したのかを。


そして、自分は何を提供しているのかを。



すべての判断を人工知能に任せたら、人間がいる意味なんてないですからね。


ぜひこの本を読んで、テクノロジー社会の理解を深めてください!


「操られる民主主義 デジタル・テクノロジーはいかにして社会を破壊するか」 ジェイミー バートレット