「努力論」 幸田露伴 


間接の努力を怠るな。

《頑張りだけでは報われない》


もしアナタが、


「頑張っているのに結果が出ない、、、」

「努力が一向に報われない、、、」



と思っているなら、それは大きな勘違いを起こしています。


まず理解すべきは、頑張ったからといって必ず結果が出るわけではないということ。


これは残酷に感じるかもしれませんが、当たり前の事実です。


だって結果には頑張りよりも、運や才能で決まってしまう場合が多いですからね。


もちろん頑張りは必要なのですが、頑張りだけでは結果は出せません。

《努力には種類がある》


さらにもう一つ理解すべきは、努力の種類についてです。

実は努力には「直接の努力」と「間接の努力」の二種類存在するのです。


そしてどちらか一方だけの努力をしても、永遠に結果は出ません。


きちんと直接・間接、両方の努力をやってはじめて結果が出せるようになるのです。


つまり「努力が一向に報われない、、、」と嘆いている人は、一方の努力しかしていない可能性が高いということ。


ここまで読んで、もしアナタが、

努力の種類について知りたい!
結果を出せるようになりたい!


と思ったら、こちらの本をオススメします。


「努力論」 幸田露伴



《100年前の自己啓発本》


近代日本文学に多くの影響を与えた明治文学界の重鎮である著者が書いたこの本を読めば、生きる上で「気」がどれほど大切なものかを知ることができます。


明治末〜大正初めのころ、多くの日本人は失業・貧困・失敗・挫折とさまざまな絶望によって苦しんでいました。


そしてその結果、自分自身を不幸と思いこみ、悩み、憎しみ、嫉妬し、気が沈んでいました。


そんな多くの日本人を見かねて書かれたのがこの本です。


著者はこの本を通して、気の持ちよう次第で人は明るくのびやかに生きられることを伝えたかったのです。


言い換えればこの本は、「東洋の幸福論」・「100年前の自己啓発本」とも言えます。


執筆理由を考えると、現代人こそ読んだほうが良いとわかりますよね。



《基礎となり、すべての源泉となる力》


著者は、努力には「直接の努力」と「間接の努力」の二種類あるといいます。


そしてもし結果が出ないときは、どちらかの努力を怠っているか、もしくは努力の方向が悪いかだといいます。


さらに多くの人は直接の努力はできてはいますが、間接の努力を欠いている人が多いとつづけます。


では「間接の努力」とは何なのかといったら、準備のことです。


これが何をするにも基礎となり、すべての源泉となるのです。


つまり、基礎となりすべての源泉となるものの力を付けなければ、どんなに頑張っても結果は出ないということです。

では、基礎となりすべての源泉となる力とは具体的に何なのか、アナタはわかりますか?


僕の解釈ですが、それは読解力と継続力です。


だって読解力と継続力がなければ、いくら「やり方」を学んでも上手くいかないですよね。


・結果を出すためには何が必要なのか?

・直接の努力をするには何をすればいいのか?

・今の自分に足りないものは何なのか?



ここを冷静に読み解けて、継続できるかが大事なのです。


もちろん、この二つを鍛えようと思っても一日やそこらで身につくものではないので大変です。


しかも目に見えにくいものなので、つまらないと感じることは多いです。


でも、それが基礎なのです。


それがすべての源泉なのです。

詰らんことなどはどうでもよいと、詰らぬ事も出来ないくせに威張って居るのは凡愚の常で、詰らぬ事までよく出来て、謙して居らるるのは聖賢の態である。


と書いてありましたがその通りです。


地味でつまらないことができないくせに、それをすっ飛ばして結果を求めたところで上手くいくわけないのです。

《それでは話にならない》


今の時代、ブログの稼ぎ方やYou Tubeの稼ぎ方、やりたいことの見つけ方といったような「やり方」は探せばいくらでも出てきます。


僕はこの「やり方」を間違っているとは思いませんが、これは直接の努力です。


だからそもそも間接の努力をしないのなら、つまり基礎となりすべての源泉となる力(読解力と継続力)が無いのなら、話にならないのです。


ぜひこの本を読んで、間接の努力もしっかりできるようになってください!


「努力論」 幸田露伴