「ブラック・スワン」 ナシーム・ニコラス・タレブ 


アナタはリスクをしっかり考えて予防できていますか?
アナタはなぜリスクを考えられないのか知っていますか?

《絶対に避けるべきもの》


「失敗は成功のもと」という言葉があるように、


どんどん失敗して経験値を積むべきだとは思いますが、いくら失敗とはいえ絶対に避けるべきものがあります。


それが、致命傷レベルの大失敗です。


なぜなら致命傷レベルの大失敗をしてしまうと、再起不能になるからです。


たとえば、いくら負け続けてもリングに上がることさえできればチャンピオンになる可能性はありますよね?


でも選手生命が絶たれるような再起不能のケガを負ってしまったら、リングに立つことすらできなくなるので当然チャンピオンになれる可能性はゼロになります。


このようにもし致命傷レベルの大失敗をしてしまうと、

人生すべての可能性がゼロになる
一生目標を達成できなくなる
挑戦ができなくなる



このような人生になってしまいます。

《人間は見ることができない》


ですが、残念なことに人間は「致命傷レベルの大失敗」とは何かが見えないのです。


それは人類史を学べばわかりますし、個人を振り返ってもそう思いませんか?


「あの時少しでもリスクを考えて対応すれば、こんなことにならなかったのに。。。」


と思うことはありますよね。


そう、人間はどうでもいい細かいことばかり気にして、重大な事件が起きる可能性を考えないのです。


それが人間ならしょうがないと開き直るのもいいですが、上述したように一度でも喰らうとすべての可能性をゼロにしてしまいます。


それなら少しでも心理を学び、人間はなぜ大きなリスクが見えないのかを知るべきじゃないでしょうか?

アナタはなぜ人間は大きなリスクが見えないのか知りたいですか?
アナタは致命傷レベルの大失敗を経験したくないですか?
アナタは人生の可能性をゼロにしたくないですか?



そう思ったアナタには、こちらの本をオススメします。


「ブラック・スワン」 ナシーム・ニコラス・タレブ



《ブラック・スワンがすべてを変える》


金融トレーダーであり統計学者でもある著者が書いたこの本を読めば、人間はなぜありえないことに気付かず予測も出来ないのかを知ることができます。


人間の思考を鋭い視点で考察しているこの本は大きな反響を呼び、全米では150万部を超えるミリオンセラーを記録しています。


著者はありえない事象のことを、ブラック・スワンと例えます。


その特徴は、

・普通は起こらない

・大きな衝撃がある

・事後に説明が可能


なこと。


そして実際にそれが起きてしまうと、社会に大きな影響を及ぼします。


たとえばアメリカ同時多発テロや、東日本大震災なんかはまさにブラック・スワンです。



《わかっていると思いこむ》


では、なぜ人間はブラック・スワンを考えられないのでしょうか?


それは人間の思考の特徴に原因があります。


一つだけ紹介しますと、人間には型にハマった考えをする傾向があるからです。


たとえば「こうなったらこういうことが起こる。」のような理にかなった考えをいくつも持っているのです。


これは別に悪いことではないのですが、この思考のせいで、


実際にわかっている以上のことを自分がわかっていると思い込んでしまうのです。


そうなると当然、理にかなっていないブラック・スワンには気が付けません。

《反例を考える》


ただ、ブラック・スワンに対してリスク管理する方法はちゃんとあります。


それが反例を考えまくることです。


たとえば白い白鳥を見たら黒い白鳥を考えるように、知識や観察の裏付けではなく反例を積み重ねることです。


それが最大のリスク管理になるのです。


「致命傷レベルの大失敗」をしないためにも型にハマらず、思考を疑い、反例を積み重ねましょう。


人間の思考の特徴やリスク管理方法は他にも書いてあるので、つづきは本を読んでください!



アナタはなぜ人間は大きなリスクが見えないのか知りたいですか?

アナタは人生の可能性をゼロにしたくないですか?



ぜひこの本を読んで、致命傷レベルの大失敗を避けてください!


「ブラック・スワン」 ナシーム・ニコラス・タレブ