「ブギーナイツ」 


ピンチはピンチだ。

《人生には流れがある》


生きていれば良い調子の日もあれば、悪い調子の日もあります。


そう、人生には「流れ」があるのです。


そしてこの流れは、自分でコントロールできない場合が大半です。


つまり、ほとんど「運」が要因で出来ているのです。


当たり前すぎる大前提ですが、これを理解できれば、


現実をしっかり見れるようになり、ブレないメンタルを作ることができます。

《今はどんな流れか?》


さらに流れがあると理解できれば、流れにあった戦略をとることができます。


たとえば、


流れが良い時は今まで以上に積極的に攻めたり、


流れが悪い時は致命傷を喰らわないように守りを固めたりと。


逆に流れを無視してしまうと、待っているのは負け戦です。


流れが悪いから守りを固めた方が良いのに、なぜか捨て身タックルのような戦略をとり破滅に向かったらアホらしいですよね?


流れを無視するとはそういうことです。


だからこそ、今はどんな流れか?を把握することが大切なのです。


ここまで読んで、もしアナタが、

流れにあった戦略をとれるようになりたい
流れを把握する大切さを知りたい
流れとは何かを理解したい



そう思ったら、こちらの映画をオススメします。


「ブギーナイツ」



《ポルノ業界の光と闇》

ある日、ナイトクラブでアルバイトをしていた主人公は、ポルノ映画監督に巨根を買われスカウトされる。

そんなキッカケでポルノ業界に飛び込んだ主人公はダーク・ディグラーと名乗り、ヒット作を連発し、数々の賞を受賞し、業界のスターになっていく。

ただ次第に麻薬に手を出すようになったり、監督との間に確執がうまれたりと、堕ちていってしまう。

そんな主人公の栄光と挫折、ポルノ業界の光と闇を描いた映画です。


この映画を観れば、流れがあると理解すること、そして流れを把握することの大切さがよくわかります。



《ある日突然一気にくる》


そして何より、栄光も挫折もある日突然一気にくる傾向が高いんだとわかります。


状況がガラッと好転する時は、


ただのアルバイトだったディグラーがスカウトされてスターにのし上がったように、一気にいきます。


逆に今の地位からガクッと堕ちる時も、


スターになった結果傲慢になり麻薬に手を出してしまったディグラーのように、一気にいきます。


そしてもちろん、「ある日突然一気にくる」要因は運です。


ディグラーは、


たまたま運が良かった(生まれもった男根、たまたま出会ったポルノ映画監督)からスターになれて、


たまたま運が悪かったからその地位から崩れ堕ちたのです。
(運の悪さだけではないですが。)


誰もがディグラーのような激しすぎる栄光と挫折は経験できないかもしれませんが、どんな人生にも流れがあり、良い時もあれば悪い時もあるのです。

《ピンチはピンチ》


たまに、ピンチの後にはチャンスがくると聞きます。


さらに、ピンチはチャンスだとも聞きます。


たしかに流れ的にはそうなのかもしれません。


でも、今の状況がピンチだったら今はピンチなのです。


ピンチはチャンスではありません。

ピンチはピンチです。


ここをしっかり把握できるかが人生を大きく左右させます。


スピリチュアル系のよくわからないポジティブのように、現実をみれなくなったら終わりです。


現実を見れないとまともな戦略はとれません。


ピンチだとしたら、今はピンチな状況なんだとしっかり現実を見て慌てないことです。


そして今はピンチ。そういうもんだと受け入れることです。


ぜひこの映画を観て、流れとは何かを知り、把握できるようになってください!


「ブギーナイツ」