「ピクサー流 創造するちから」 エド・キャットムル、エイミー・ワラス 


変化を恐れるな

《必ず変化は起こる》


生きていれば誰もがわかるように、物事は必ず変化します。


時代も、働き方も、トレンドも、お金も、人も、必ず変わるのです。


「当たり前だろ!」と言われればそれまでですが、


実はこの大前提を認めることは、人生においてかなり大切なことなのです。


なぜならこれを認めることで、変化に対応できるようになるからです。


つまり、


「ずっとこのままの状態でいられるわけがない」と、リスクを考える余白を持つことができるのです。

《堕ちる原因》


歴史をたどれば企業でも人でも、変化に対応出来なければ地獄に堕ちるんだとわかります。


そう、潜在的な危険に気づこうとせず、変化に対応できなければ終わりなのです。


どんな良い環境にも大きな危険が潜んでいるし、良いことが悪いことを隠すこともあるのです。


つまり、不確実で不安定な「変化」とどう付き合っていくかが人生を左右させるのです。


重要なことは、変化をしっかり考え、即対応できる体質になることです。


ここまで読んで、もしアナタが、

変化に対応できるようになりたい
変化を考えられるようになりたい
変化との付き合い方を知りたい



そう思ったら、こちらの本をオススメします。


「ピクサー流  創造するちから」 エド・キャットムル、エイミー・ワラス



《ピクサーが成功した要因》


「モンスターズ・インク」

「トイ・ストーリー」

「ニモ」

「アナと雪の女王」等々を作り出したピクサー・アニメーション・スタジオ。


その創業者である著者が書いたこの本は、自身の経営哲学とピクサーが成功した要因が惜しみなく書かれています。


ピクサーの社員のデスクは、それぞれ好きに飾ることが許されている(というか奨励されている)ことで有名です。


僕はそのイメージから、ピクサーは一人ひとりの「個」のクリエイティビティで戦ってるのかなと思っていました。


ですがピクサーは、「個」のクリエイティビティを尊重しつつ、チームとしてメチャクチャ強かったのです。


アイディアを生むヒントやチームを成り立たせるマネジメント術も詳細に書かれているので、多くのことを学べる一冊となっています。

《変化を恐れない》


この本を読めば、生きる上でもビジネスをする上でも、変化を恐れないことが何より大切なことだとわかります。


変化を恐れない姿勢を著者自身が常に持ちつづけていたから、


ピクサーが誕生し、大ヒット映画を創り出せ、強固なマネジメントを確立できたのです。


では、著者のように変化と上手く付き合うには、どうすればいいのでしょうか?


それは、必ず変化するという大前提を認め、変化を面白いと思うことです。


そう、変化は人生の醍醐味なのです。


つまり、偶発性を恐れるのではなく、ありのままに受け止め、プラスにしようと考えるのです。


なぜなら、予測不能な変化は、独創性が生まれ・クリエイティビティが磨かれる土壌だからです。


多くの人は、変化に恐れると不安になり安心確実な方を選びがちですが、そもそもそれは思っているより安心確実じゃないんですよね。


だってそれは過去に、安心確実だっただけですから。


でも、今はそれが通用するかわからないですよね?


もしかしたら、変化せず過去に拘るほうが危険かもしれないのです。

《ひたすら挑戦を》


変化に恐れない自分になるには、新しい未知な挑戦をどんどんすることです。


新しい未知な挑戦をするということは、挑戦した先の不確かな未来に向かって今を全力で生きているということになりますし、


過去なんて今と未来に全く関係ないと思えますからね。


ぜひこの本を読んで、変化を恐れず対応できるようになってください!


「ピクサー流  創造するちから」 エド・キャットムル、エイミー・ワラス