「パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平」 池谷裕二 


アナタは記憶力の上げ方を知っていますか?
アナタは脳について学んでいますか?

《可能性を秘めた脳》


人間の脳は10%しか使われていないと聞いたことがあります。


ただこれは、証拠付けるエビデンスがなく一種の都市伝説として広まった情報です。


ですが、今現在もさまざまな研究がおこなわれているように脳については明らかになってないことが多いのです。


つまり、脳にはまだまだ大きな可能性が秘められているということ。

脳の働きを知り、脳を上手く活用すれば、メンタルが強くなり結果を出せるようになるのです。


たとえば、

・記憶力の上げ方
・取り組む姿勢の大切さ
・ボーッとすることは悪いことか?


これらは脳について勉強するとわかってきます。


小手先のテクニックのようですが、脳について知る・知らないでは大きな差が生まれると思うんですよね。

アナタは脳について知りたいですか?
もっと脳を活用してみたいと思いませんか?


そんなアナタにはこちらの本をオススメします。


「パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平」 池谷裕二



《脳についての最新情報》


薬剤師でもあり脳研究者である著者が書いたこの本は、最新の科学論文を彼の解釈で紹介したもの。


『週刊朝日』で連載している内容を本にまとめた形ではありますが、


「もっとも気合を入れて書き続けている」と語っていたようにかなりわかりやすく面白く脳について学ぶことができます。


現在も『週刊朝日』での連載は続いていますし、


Twitterでも脳について投稿することがあるのでそちらも見ることをオススメします。


《記憶力の上げ方》


では、最新の科学論文から導き出された記憶力の上げ方とは、一体どんなやり方でしょうか?


そのやり方はなんと、手を握るだけ。


詳しく説明していきましょう。


まず直径5センチメートルのゴム製のボールを45秒間思い切り握ります。


その後、15秒間休んでからもう一度45秒間ボールを握ります。


これが1セット。


36個の単語を3分でできるだけ覚えてもらう記憶テストで、


単語を「覚える前」と「書き出す前」にこのセットをそれぞれ行ったところ、正しく思い出せた単語の数が平均10.1個に増えたらしいです。
(通常は8.6個)


つまり、18%も増加した計算になります。


ただこのやり方は注意点があり、


覚える前には「右手」、書き出す前には「左手」を握らなければいけません。


そうしないと逆に記憶力は下がってしまうのです。


この順番の理由は右脳と左脳の役割が全く違うからです。


ある脳の仮説によると、左前頭葉は「覚えること」右前頭葉は「思い出すこと」に関与するらしいので、


覚える前は右手・書き出す前は左手を握る必要があるということ。
(脳の身体支配は左右交差)


このように、脳を活用すれば簡単に成果を変えることができるのです。



《動けばすべてが変わる》


その中でも、


「表情や姿勢」が人間の心の有り様に強い影響を与える


という内容はすぐにでも活用するべきだと思いました。


たとえば、


口元を「イー」として歯を見せながら漫画をよむと通常より面白く感じます。


これは口角が上がることが理由で、


強制的にでも笑顔を作るとそれだけで楽しい気分になれるということ。


つまり、「楽しいから笑う」だけじゃなく「笑うから楽しい」という側面も脳はもち、後者の方が影響は強いらしいのです。


姿勢も同じで、猫背で生活するより背筋をピンと伸ばしたほうが自信がつくしそう見られます。


ふんぞり返って話を聞くより、身を乗り出して聞いたほうが同じ内容でも面白く感じます。


さらに研究を進めると、


「表情より姿勢」の方が脳に強い影響を及ぼすとわかりました。

つまり、心や脳の主導権は身体が握っているということ。


これはメチャクチャ活用するべきじゃないでしょうか?


ここから言えることは、まず身体を動かせってことです。
(できれば表情も気にすること。)

つまらなくても面白がる。
苦しくても笑う。
自信が無くても胸を張る。
やる気がなくても動く。


そうすることで、

だんだん面白くなってくる。
だんだん楽しくなってくる。
だんだん自信が出てくる。
だんだんやる気が出てくる。


そうやって脳を上手く活用することで・脳を騙すことで現実の見方や感じ方を変えられるのです。


やる気とかつまらないとか言う前に、まず身体を動かしましょう。

《脳をダマす》


ボーッとすることについての内容もかなり面白かったのですがそちらは本を読んでください。


このブログは本の概要を説明するというより、本をオススメするブログですからね。笑


とにかく、研究者でもわかってないことばかりなので脳はホントにで面白いです。


僕みたいな凡人は頭の良さだけでは勝てないので、少しぐらい脳を勉強して活用すべきです。


脳は大きな可能性を秘めていますからね。


他にもたくさんの脳についての最新情報が載っているので、ぜひ読んで糧にしてみてください!


「パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平」 池谷裕二