「ハロー、アメリカ」 J・G・バラード 


アナタは知識の大切さを知っていますか?
アナタは見える世界の変え方を知っていますか?

《何が違うか?》


アナタは成功する人と失敗する人、結果を出せる人と出せない人の違いがわかりますか?


才能、努力、運といったようにそれは決して一つではありません。


一つではないのですが、決定的に違うものがあります。


それは見ている世界です。


そう、


成功する人は成功する世界を見ているから、成功できるのです。


結果を出せる人は結果を出せる世界を見ているから、結果が出せるのです。


見ている世界が違うだけで、成功や結果に大きく関わってくるのです。




この見ている世界は、生まれつきで決ることはありません。


自分のチカラで変えることができるのです。


なのでもし、アナタが「成功したい!」「結果を出したい!」と思っているのに何も成果が出ていないなら、見ている世界を変える必要があります。


見ている世界を変えないと、

一生結果が出ない
一生視野が狭いまま
一生可能性に恵まれない



このような人生になります。

《情報量の差》


では、見ている世界を変えるにはどうすればいいのでしょうか?


それは知識を付けることです。


つまり見ている世界は、情報量の差で変わってくるのです。


頭の中にどんな情報や知識が入っているかで成功や結果が決まるのです。


稼ぐスキルも大事ですが、そもそもの知識だって非常に重要なのです。

アナタは見ている世界がそれぞれ違うと理解したいですか?
アナタはそれが情報・知識の差だと理解したいですか?
アナタは情報・知識がどれだけ大切か理解したいですか?



そう思ったアナタにはこちらの本をオススメします。


「ハロー、アメリカ」 J・G・バラード



《強烈な未来像を描いたSF小説》


舞台はエネルギー問題が引金となり、経済破綻し砂漠化してしまった近未来のアメリカ。


そこにイギリス探検隊が探訪し、その一員である青年がアメリカ大統領を目指すという物語。


未来を予言した物語ですが、歴史やカルチャーも学べる独特のSF小説です。


《内宇宙と外宇宙》


著者のバラードは、

「人間が探求しなければならないのは、外宇宙ではなく内宇宙だ。」


と言っています。


これは、


外宇宙=物理空間、つまり現実世界


内宇宙=情報空間、つまり精神世界


と解釈できます。


さらに、


外宇宙と内宇宙が重なり合っているところ=今自分が生きている世界、今自分が見えている世界


だとも解釈できます。



《イジれるのは内宇宙だけ》


これを前提にバラードの言葉を再び考えると、


今すでに存在している外宇宙(物理空間)はイジれないので、内宇宙(情報空間)をイジるべきだとわかります。


それは、内宇宙(情報空間)をイジる(探求する)ことで、見える世界が変わるからです。


だからどれだけ自分の頭の中に知識・情報が入っているかが大切なのです。




ちょっとわかりにくい説明になりましたが、


バラードはそれを上手に小説で表現しているのです。


「ハロー、アメリカ」を読めば、


・ピンチの時に焦らないためには物事を知っているかが重要

・自分の知っている世界で見えてくるものが全然違う


この二つを学ぶことができます。

《見ている方向は同じでも、、、》


理解すべきは、見ている方向は同じでも見ている世界は絶対に違うということです。


それは、頭の中に入っている知識や情報が人それぞれ違うからです。


たった数人の探検隊でさえそれぞれ目標もビジョンも違ったように、


どんな情報を持ってるかで見える世界が違うのです。


見ている世界を変えるには内宇宙(情報空間)をイジること。


つまり、大量の知識・情報をインプットすることです。


これを理解し、見える世界を変えていきましょう。




アナタは見ている世界がそれぞれ違うと理解したいですか?

アナタはそれが情報・知識の差だと理解したいですか?


アナタは情報・知識がどれだけ大切か理解したいですか?



ぜひこの本を読んで、見ている世界の違いについて学んでください!


「ハロー、アメリカ」 J・G・バラード