「センスメイキングー 本当に重要なものを見極める力ー」 クリスチャンマスビアウ 


アナタはデータが多ければ閃きも多くなると思っていませんか?
アナタは感性の磨き方を知っていますか?

《大事な感性》


人間のあらゆる行動には、先の見えない変化がつきものです。


流行り廃りのスピードは目まぐるしく、もはや誰も予測ができません。


それでも「結果を出したい!」「今より良い人生にしたい!」と思ったら、読み解くチカラが必要です。


時代の流れ・人の動き、ありとあらゆるモノゴトを読み解かなければ、


トレンドに乗るどころか時代に取り残されてしまいます。


では、読み解くチカラを身につけるには何が一番重要でしょうか?


それは感性です。


今のトレンドや社会問題、多くの人の動きを観て流れを読み解くには、閃きや洞察といった感性が必須です。


感性がないと、

モノゴトをまともに読み解けない
トレンドに乗れない
先を読めない・時代に取り残される


このような状態になります。

《データだけじゃ磨かれない》


テクノロジーが発達した現代は誰もがデータを駆使できます。


ですが、データだけでは時代の流れを読み解くことはできません。


たしかにデータは重要ですが、それだけ集めても閃きや洞察といった感性は磨かれないのです。


データは人間の行動を管理し説明することはできますが、読み解くチカラを磨くものではありません。


むしろデータをはじめとした理系一辺倒の知識に固執すると、単純化に走り、感性が鈍り、読み解くチカラが廃れていく可能性が高いのです。


では、感性を磨き、読み解くチカラを身につけるにはどうすればいいのでしょうか?

アナタは読み解くチカラを身につけたいですか?
アナタは感性の磨き方を知りたいですか?
アナタは時代の波に乗り続けたいですか?



そんなアナタにはこちらの本をオススメします。


「センスメイキングー 本当に重要なものを見極める力ー」 クリスチャンマスビアウ


《感性の磨き方》


文化人類学・社会学・歴史学・哲学の専門家を揃えた戦略コンサルティング会社を創業した著者が書いたこの本は、


モノゴトの読み解き方・読み解く上で重要なこと・感性の磨き方を知ることができます。


では、感性を磨くにはどうすればいいのでしょうか?


それは、人文科学(文学、歴史、哲学、芸術など)にどっぷり浸かることです。



《想像力を身につける》


なぜ感性を磨くには、人文科学を学ぶことがいいのでしょうか?


一つは、感性を磨く上で重要な想像力がつくからです。


文学や芸術に触れるとは、文章を読み解き、その言語を理解し、そこに描かれる人々の暮らしぶりを肌で感じるということです。


それを繰り返していけば、


「本人の立場・状態なら、どのような気分か」
「本人は取り巻く世界をどのように感じているか」


といった自分とは違う世界を想像できるようになります。


さらに文化的な知識や背景を知れば、自分とは違う世界にしっかりと思いを巡らせることができるので、


回りまわって自分が今いる世界についても感性を活かし鋭い視点が持てるようになるのです。


《文脈を理解できる》


二つ目の理由は、文脈を理解できるようになるからです。


人の行動やモノゴトを読み解くには、前後の文脈を理解しなければいけません。


つまり、個ではなく全体を観なければいけないのです。


その時に全体を俯瞰するチカラを養えるのが人文科学です。


とくに現代の成り立ちを理解するには歴史や哲学を学ぶこと。


歴史や哲学を通し世界のことを知れば知るほど、社会の文脈によって僕たち人間の行動が決まってくるんだと理解ができるはずです。


文脈という結びつきを理解しているからこそ、ひらめきや洞察が生まれるのです。

《カンタンじゃないけど》


このように人文科学から閃きや洞察力を育み感性を磨く行為を「センスメイキング」といいます。


ただこれはカンタンじゃありません。


なにせ人文科学の資料は膨大にありますし、読み解くことが困難なものもたくさんありますからね。


ですがカンタンじゃないからそれだけの報いがあるのです。


だから著者も、「どっぷり浸かること」と言っているのです。


アルゴリズム全盛な現代で理数系を学ぶ必要がないとは一切思いません。


ですが現代だからこそ人文科学から感性を磨き、読み解くチカラを身につける必要があるのです。



アナタは読み解くチカラを身につけたいですか?

アナタは感性の磨き方を知りたいですか?


アナタは時代の波に乗り続けたいですか?



ぜひこの本を読んで感性の磨き方、読み解くチカラの身につけ方を知ってください!


「センスメイキングー 本当に重要なものを見極める力ー」 クリスチャンマスビアウ