「スイッチ!変われないを変える方法 」 チップ・ハース、ダン・ハース 


フォーカスすべきもの。

《どうすれば変化できるのか》


もしアナタが「結果を出したい!」「人生を良くしたい!」と思っていたら、それはつまり「変化したい!」ということです。


なので、


どうすれば現実を変えられるのか?

どうすれば自分を変化させられるのか?



この二つにフォーカスすれば、自ずとヒントは見えてきます。


そしてその時に重要になってくるのが、脳です。


つまり脳の働きを知り、


人間の脳は何にフォーカスしやすいのか?


ここをしっかりと理解しないといけません。

《変化するパターン》


なぜ脳の働きを知ることが重要なのかというと、変化するパターンと密接に関わっているからです。


そう、変化は簡単ではありませんが難しくもなく、一定のパターンがあるものなのです。


そのパターンとは、


象使い(理性)に方向を教え、象(感情)にヤル気を与え、環境を定める(変える)ことです。


このステップを踏むことで、変化できる可能性が劇的に上がるのです。


感情に流されても良い変化は起こせず、理性を大事にしすぎると一歩を踏み出しにくくなってしまいます。


大切なことは、感情と理性の使い方です。


ここまで読んで、もしアナタが、

変化するパターンを知りたい!
感情と理性について知りたい!

変化したい!


と思ったら、こちらの本をオススメします。


「スイッチ!変われないを変える方法 」 チップ・ハース、ダン・ハース



《変わるためのゴリゴリの実用書》


ビジネススクールや教育業界で活躍する兄弟が書いたこの本は、人間心理や脳を的確に分析し、どうやって行動を変えていくかを教えてくれます。


よくある「変化が大事だから変化しよう!」で終わらせる薄っぺらい自己啓発本とは違い、説得力のあるゴリゴリの実用書となっているのでかなりオススメです。


この本を読めば、変化するパターンと脳(感情と理性)について知ることができます。



真実だが役に立たない情報


注目すべきは、象使い(理性)の弱点です。


象使い(理性)は、未来への道筋を計画的に立てれることが強みですが、致命的な弱点もあり、それが思考・分析しすぎてしまうことです。


その結果、「解決策」ではなく「問題」ばかりにフォーカスしてしまい「分析麻痺」に陥ってしまうのです。


「問題」ばかりにフォーカスしても「解決策」は出てこないので、永遠にその問題は解決はしません。


「問題」「原因」「過去」は真実かもしれませんが、それは「真実だが役に立たない情報」なのです。



さらに象使い(理性)は、大きな問題に対して大きな解決策が必要だと考えてしまいます。


でも大きな問題に見合うくらいの解決策を探しても、結局何も変わりません。


上述したようにそれは「真実だが役に立たない情報」で、あまりの大きさに頭を空回りさせてしまうからです。

《フォーカスすべきもの》


多くの人は、劇的な変化を望んだり、大きな問題を解決したいと思っています。


ですがハッキリいって、いきなりはムリです。


なぜなら大きな変化は、小さな変化の連続でしか起こらないからです。


そう、ファーカスすべきは、小さな変化なのです。


大きな問題も同じで、小さな解決策をこなすことでしか解決しないのです。


だから毎日淡々とやることが重要なのです。


それはつまり小さな成功とも言えます。


手の届く小さな目標でも、毎日絶対に達成させることです。


そうやって小さな成功を積み重ねることで、


困難が和らぎ(”これはどうってことない!”)

要求が抑えられ(”これだけやればいい!”)

能力レベルの認知が向上する(”これならできる!”)


と著者は言います。


それが自信につながり、さらに小さな成功の積み重ねを継続できるようになるのです。


もちろん、それが絶対に大きな変化、大きな解決策、大きな成功に繋がるとは言えません。


コントロールできないことはたくさんありますからね。


ですが、コントロールできるものには力を入れるべきですよね。


ぜひこの本を読んで、自分を変えてみてください!


「スイッチ!変われないを変える方法 」 チップ・ハース、ダン・ハース