「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 


アナタはクリエイティブを活かせていますか?
アナタはクリエイティブを殺すものが何か知っていますか?

《クリエイティブになれ》


モノや情報があふれかえった現代は、本当に新しい0(ゼロ)を生み出すことが難しくなってきています。


なので0を生み出すことにこだわりつつ、


既存の1を発展させる上手さ1と1を掛け合わせる上手さを磨く必要もあります。


つまり、どれだけ想像力と創造力を持っているかが重要なのです。


言い換えれば、どれだけクリエイティブになれるかということ。


この時代にクリエイティブになれなければ、

偏った考えしか持てず視野が狭くなる
思考停止の人間になる
つまらない人生になる



このような状態になってしまいます。

《クリエイティブを殺すもの》


ですが、この社会にはクリエイティブを殺すものがたくさんあります。


たとえばテレビや新聞といったメディア、それにSNS、人によっては上司だってそうです。


では、アナタはなぜこれらがクリエイティブを殺すかわかりますか?


アナタは具体的に何がクリエイティブを殺すかわかりますか?


ここを理解できなければ、アナタもクリエイティブを殺されてしまうかもしれません。

アナタは思考停止の人間になりたくないですか?
アナタはつまらない人生を送りたくないですか?
アナタはクリエイティブを殺すものが何か知りたいですか?



そう思ったアナタには、こちらの映画をオススメします。


「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」



《あらすじ》

主人公はロサンゼルスの一流料理店の総料理長。

ある日、大物料理評論家が来店することを知り、自らの創作料理を味わってもらう絶好のチャンスだと思った彼。

しかし堅物なオーナーはそれを許可せず、いつも通りのオーソドックスなメニューを出すよう指示し、しかたなく従うハメになる。

その結果、評論家からチャレンジ精神に乏しい料理と酷評されてしまう。

その後、主人公が評論家に対して行ったSNSのやり取りが大炎上、それに伴い主人公は解雇。

どん底の中、キューバサンドイッチの美味しさを知り、キッチンカーで販売していくことを決める。


以上がザッとしたあらすじです。


この映画を観れば、クリエイティブを殺す最大の原因を知ることができます。



《最大の原因》


では、クリエイティブを殺す最大の原因とは一体なんでしょうか?


それは恐怖です。


オーナーは、評論家から酷評をもらいたくないという恐怖から、創作料理を許可しませんでした。


主人公は、いつも通りのオーソドックスな料理じゃないとクビだと宣告を受けます。


つまりクビに対する恐怖から、オーナーの指示に従ってしまいました。


そう、恐怖に負けると何も考えられなくなり、クリエイティブが殺されてしまうのです。



《恐怖から生まれる制限》


さらにオーナーが創作料理を許可せず、オーソドックスな料理だけと限定したように、


恐怖から制限を作ってしまうこともクリエイティブを殺す原因になります。


制限は使い方次第ではクリエイティブを発揮させることができますが、恐怖から生まれる制限は最悪です。


制限の使い方についてはこの本をオススメします。

《恐怖に勝つには》


では、クリエイティブを殺されずに恐怖に勝つにはどうすればいいのでしょうか?


それはモノを知ることです。


だって単純に、恐怖は対処法を知らないから恐怖なのです。


なので対処法を知れば恐怖に勝つことができるのです。


モノを知るため、対処法を知るため、そしてクリエイティブを殺されないためにもこのブログで多くの本をオススメしていますので、たくさん読んでください!



アナタは思考停止の人間になりたくないですか?

アナタはつまらない人生を送りたくないですか?



ぜひこの映画を観て恐怖について学び、クリエイティブになってください!


「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」