「インターネット的」 糸井重里 


消費こそクリエイティブに。

《クリエイティブになるには》


今まで何度も、これからの時代はクリエイティブになれるかが重要だと書いてきました。


その理由は、これだけモノや情報が溢れかえった現代は「新しい」や「面白い」を創り出すことが難しくなっているからです。


だからこそ創造力と創造力を磨き、上手く発揮できるかが人生を左右させるのです。


では、クリエイティブになるにはどうしたらいいのか、アナタはわかりますか?


それは、クリエイティブなものを消費することです。

《それではクリエイティブは育たない》


これは「旅の途中書店とは?」でも書いている、【希少性が高い人間になるには希少性が高いものをインプットすること】と同じです。


つまり、クリエイティブなものを消費(インプット)することで、クリエイティブなものを生産(アウトプット)できるようになるのです。


ただ、消費にどれだけクリエイティブになれるか?というのは意外と難しいことです。


なぜならクリエイティブなものを生産するレベルで、もしくはそれ以上で消費を考える必要がありますからね。


それにそんなことを考えてこなかった人が大半です。


たとえば高級車とかタワマンとか、それでもいいのですが、それだけでは消費のクリエイティブは育ちません。


大切なことは、消費のクリエイティブを育ちにくくしているものとは何かを理解することです。


ここまで読んで、もしアナタが、

消費のクリエイティブとは何かを知りたい
クリエイティブなものを消費したい
クリエイティブな人間になりたい



そう思ったら、こちらの本をオススメします。


「インターネット的」 糸井重里



《話題の予言書》


ジブリ作品やさまざまな商品のキャッチコピーを手掛けるコピーライターが書いたのがこの本です。


2001年に出版された本ではありますが、SNS全盛の現代を予言していることで有名な一冊です。



インターネットができたことで、インターネット的な世界になりました。


それは一体どんな世界で、どんな可能性があるのか?


ここを改めて知ることができ、普段はあまり意識していない部分も知ることができる良書です。


よくある「インターネットは儲かるぞ!」的な内容ではなく、


「インターネットをどのように使っていくのか?」


といったことについて広く書かれている本なので勉強になります。


ちなみに著者が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」もかなり面白いのでこちらもオススメです。



《消費のクリエイティブとは》


この本でとくに注目すべき内容が、消費のクリエイティブについてです。


著者は、クリエイティブなものを生み出す生産者側の立場だけじゃなく、


消費者側もクリエイティブにならないといけないと言います。


なぜなら、生産は消費がないかぎりできないからです。


もちろん消費も生産がないとできないわけで、つまりセットになっているのです。



では、消費のクリエイティブとは何でしょうか?


簡単にいえば、


遊び上手になれ。

休みを楽しんで過ごせ。


ということです。


ポイントは、役に立つとか立たないとか、そんな観点でみないことです。


どう思われようが、「遊び」や「休み」の中にこそ、消費のクリエイティブがつまっているのです。

《クリエイティブに邪魔なもの》


著者は、

「ひとつのものを肯定したり賞賛したりするために、他のものを並列的に例にひいて、そちらを否定する」ということが、ぼくが言っている「消費のクリエイティブ」を、育ちにくくしているのではないか。


と言っていましたがその通りです。


”自分が良いと思ったモノを肯定したいがために、他のモノを並べて否定する”


こんなことをするのは嫉妬しているからですし、なんでも優劣をつける思考はクリエイティブにとって邪魔なものなのです。


悪い比較や嫉妬をしている時点で、クリエイティブにはなれません。


ぜひこの本を読んで、インターネット的な社会とは何かを理解し、消費にクリエイティブになってください!


「インターネット的」 糸井重里