「かもめのジョナサン」 リチャード・バック 


アナタは成長にフォーカスしていますか?
アナタは学びを恐れていませんか?

《成長にフォーカスを》


もしアナタが「成功したい!」「結果を出したい!」と思ったら、成長にフォーカスしましょう。


なぜなら、成長なくして成功や結果なんてありえないからです。


ではどうすれば人が成長できるのか、アナタはわかりますか?


それは、


・過去から脱して新しい挑戦をする

・失敗をする


この二つをやるだけです。


過去と同じ行動をしても過去の延長線上で生きるだけなので成長材料は少ないですし、失敗をしてわかったことが血肉になるのです。


しっかり成長にフォーカスすることができれば、

いつの間にか成功している
超速で成長できる
貪欲に学べる



このような状態になれます。

《学びを恐れるな》


ですが多くの人が、成長をシカトして成功や結果を求めています。

さらに、学ぶことを恐れています。


つまり新しい挑戦をしようとせず、失敗から避けているのです。


たしかにやったことのない新しい挑戦は怖いですし、失敗は精神的に痛いので億劫になる気持ちはわかります。


ですが、それを乗り越えるから人は成長するのです。


ではなぜ多くの人が学ぶことを恐れているのかというと、結局本気で「成功しよう!」「結果を出そう!」と思っていないからです。


たとえ成功できなくても、結果が出なくても、生きていけるという甘えに無意識レベルで浸っているのです。


本気で成功したい・本気で結果を出したい人は、本気で成長にフォーカスします。


誰よりも挑戦し、誰よりも失敗し、誰よりも成長していくのです。


アナタは成長にフォーカスできていますか?


もしできていなかったら、一生成功や結果なんて手に入らないかもしれませんよ。

アナタは学ぶことの大切さを知りたいですか?
アナタは成長にフォーカスしたいですか?
アナタは結果を出したいですか?



そう思ったアナタには、こちらの本をオススメします。


「かもめのジョナサン」 リチャード・バック



《成長しつづけたジョナサン》


「飛ぶ歓び」「生きる歓び」を追い求め、成長しつづけたかもめのジョナサンを描いたのがこの小説です。


1970年にアメリカで出版されてから2014年時点までで、世界で4000万部の売上をあげている超ベストセラー作品です。


この小説を読むときは、「飛ぶ」を「生きる」に、「空」を「人生」に置き換えると自分自身に落とし込みやすいです。 
(以下の文章もそう読んでみてください!)


そうやって読めば、学びを恐れないことがいかに大切かを知ることができます。



《好奇心を持って飛ぶ》


多くのかもめは、当たり前にできる「飛ぶ」という行為をそれ以上学ぼうとしませんでした。


岸から岸に飛ぶ。
食料を得るために飛ぶ。


それさえできれば充分で、飛ぶことより食べることの方が重要だと考えて生きていました。


でもジョナサンは、飛ぶことを徹底して学びます。


なによりも飛ぶことが好きで、食べれなくて身体がガリガリになっても飛び続ました。

「ぼくは自分が空でやれる事はなにか、やれない事はなにかってことを知りたいだけなんだ。ただそれだけのことさ」


と言っていたように、飛ぶことに対しての好奇心が人一倍強かったのです。


その結果、かもめ史上最速のスピードで飛べるようになり、様々なアクロバットな飛び方を覚えることができました。

《だから成長しない》


その他大勢のかもめが飛ぶことを必要以上に学ばなかった最大の理由は、学ぶことを恐れていたからです。


限界のスピードで飛ぶことが怖いから。
今までとは違う飛び方が怖いから。


だから飛ぶことを学ばなかったのです。


でもこれは、食べることはできますが成長はしません。


その理由は上述したように、永遠に過去の延長線上で生きているから、そして失敗をしないからです。


しつこく書きますが、成長なくして成功や結果はありえないのです。

なので学びを恐れず生きていきましょう!


アナタは学ぶことの大切さを知りたいですか?

アナタは結果を出したいですか?



ぜひこの本を読んで、成長にフォーカスできるようになってください!


「かもめのジョナサン」 リチャード・バック